目的からチェック

独学でも韓国語は学べますが、ビジネスシーンに活かすためのビジネス会話や短期間で確実に上達したい場合には不向きな方法と言えるかもしれません。ここでは初心者が韓国語を勉強する場合、目的によってどの方法が適しているのかを考えていきたいと思います。

初心者が韓国語を勉強する場合

最初は誰でも初心者です。初心者だからこそオンラインや教室できっちりと習ったほうが良いとも考えられますし、独学で韓国語に親しんでからレッスンを受けたほうが良いという考え方もあります。3つの方法がどんな目的に適しているかを考えていきましょう。

●オンラインレッスン

K-POPが好き、韓流ドラマを字幕なしで観たいといった目的の人もいれば、韓国旅行で買い物をスムーズにしたいという人も。本格的なビジネス会話をマスターしたいという人もいます。目的はハッキリしないけれど韓国や韓国語が好きという人は、サポートを受けながら自分の方向性を決めることも可能です。

●韓国語教室

オンラインレッスンと同様に好きな韓国文化を学びたいという人もいれば、ビジネス会話をマスターしたい、韓国語検定を取りたい、翻訳ができるようになりたいと、より高レベルな目的を持った人が多いようです。

スクールが留学などをサポートしていることも多く、目的を叶えるためのノウハウも豊富です。いつまでに何をマスターするかといった目的に応じたカリキュラムもあるので、目標を達成しやすい環境だと言えるでしょう。

●独学(教材など)

ハングルを覚えたい、韓国語に親しみたいという場合には独学でも充分に目的が達成できると思います。ただしリスニングや発声などは、やはり講師から教わったほうが正しく覚えられるでしょう。

目的を見極めて方法を決めよう!

以上のことから目的によって韓国語をマスターする場合は、次の方法が適していると言えるでしょう。

●オンラインレッスン

安価であってそれなりの効果がほしい人、どんなレッスンを受ければいいかわからない人、サポートがあると安心する人、楽しいレッスンを受けたい人、グループレッスンだとなかなか前に出られない人。

●韓国語教室

高くても確実に効果を得たい人、グループレッスンでも講師にどんどん質問ができる人。

●独学

学校のテスト勉強の様にコツコツと学んでいきたい人、自分一人で黙々と勉強をしたい人。

ページトップへ戻る